すぐ歯医者に相談しよう

金属に反応してしまう

銀歯は、金属から作られています。
ですから金属アレルギーの人は、身体に反応が起こるので注意してください。
他の金属では反応が起こらなくても、銀歯だけが反応することもあるので、虫歯の治療が終わった後は自分の身体に敏感になってください。
治療後に、身体に異常が起こったら歯医者に相談しましょう。

放置していてもマアレルギーは治りません。
むしろ悪化しますし、命の危険に繋がるケースも多いです。
すぐ銀歯を外して別の素材で作った歯を入れれば、大丈夫でしょう。
金属以外の素材もあるので、歯医者の指示に従ってください。
アレルギー反応が起こると、口内だけでなく全身に異変が見られます。
歯医者に、どこに異変が見られたのか詳しく説明しましょう。

どんな症状が見られるのか

アレルギーに反応すると、皮膚が赤くなったり、炎症を起こしたりすることがあります。
特に首回りや、手首、背中に見られやすいです。
さらに、円形脱毛症などの症状を見られます。
身体の外部だけでなく、内面にも異変が起こります。
味覚症状になることも多いので、金属アレルギーを甘く考えないでください。

悪化した状態で歯医者に行っても、対応できないと言われることがあります。
まだ症状が起こって間もない頃であったら、簡単に治療できるので安心してください。
金属の中でも、金やチタンは症状を起こしにくいと言われています。
それらの素材を、代わりに使うのも良い方法ですね。
また金属を一切使わない、インプラントにするのもおすすめです。


この記事をシェアする